会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

入力しやすいタイプや場所を取らないタイプ

飲食店や商店を経営するとき、お客さんからの支払いに対応しないといけません。飲食店ならカウンターから直接行ってもらう方法もありますが、それだとどんぶり勘定になってしまう可能性があります。きちんと管理をするためにも、一定のシステムを導入する方が良いでしょう。

こちらのサイトではPOSレジを比較することが出来ます。かつてであれば、スーパーにある大型のタイプが主流でした。入力がしやすかったりお金の管理がしやすいメリットがありますが、場所を取るデメリットがあります。最近はタブレットタイプなどコンパクトタイプが人気です。

単に売り上げを記録できるだけでなく、会計管理や在庫管理ができるタイプもあります。入力をすると自動的に売り上げが集計されるので、そのデータを会計システムに取り込むことが出来ます。商品を販売する店なら在庫と連動させることが出来、発注のタイミングがわかる機能もあります。

EasyPOS

公式サイトはコチラ

レジを購入するよりも、レンタルするほうが初期費用を抑えられて導入までの期間も短いのでおすすめです。EasyPOSは月額の保守費用と設置設定費のみで、本体価格はかからないため、購入するよりも安くレジを導入することが出来ます。

EasyPOSは業種別に対応したパッケージを豊富に揃えているのが特徴です。売上データの解析や顧客管理、在庫管理など各業種向けのパッケージやオプション機能なども充実しています。100件以上の導入事例もあり、初めての方でも安心です。

EasyPOSは24時間365日サポートが利用できるので、安心してレジを使うことが出来ます。無理なく導入出来るレンタルだけではなく、リースや購入などもでき、導入プランが豊富です。パソコンやスマホから売上の確認が出来る便利な機能もオプションとして利用出来ます。

総合評価 掲載情報量
★★★★★ ★★★★
満足度 使いやすさ
★★★★★ ★★★★★
サービス内容
★★★★

POS+

公式サイトはコチラ

POS+のおすすめは、時間や曜日や週別で売上をリアルタイムで自動集計して売上アップのためのヒントを提供します。他のPOSレジには無い機能として、POS+foodではテーブルごとのお客様単価や最終注文からの時間が一目で分かるため、追加オーダーのタイミングを逃しません。

POS+beautyでは、お客様の来店頻度を簡単に把握でき、次のご来店を促すアクションにつなげることができます。複数店舗をお持ちの方は、店舗の比較も可能で、とても管理しやすい便利な機能を活用できます。

多言語、多通貨、多消費税に対応しています。機材は、現地調達や現地購入することができるので、関税や輸出などの手間が不要です。タブレットPOSでは、POS+だけの機能で、海外への店舗展開をシンプルにします。

総合評価 掲載情報量
★★★★ ★★★★
満足度 使いやすさ
★★★★ ★★★★
サービス内容
★★★

POSCO

公式サイトはコチラ

お店を経営している場合、会計を行う必要があります。それは、お客さんが購入したい商品の金額を計算し、お金をもらう必要があるからです。そうすることで、売上をしっかりと計算することができます。ここで間違ってしまうと大変です。

そろばんや計算機を使って計算を行うこともありますが、計算ミスが起こりやすいと考えられます。ですので、システムを導入して、バーコードでの読み取りや項目選択による計算ができるようにすると計算ミスが起こりにくくなるのではないかと考えられます。

そんな便利なシステムを導入したい場合におすすめなのが、POSCOです。この会社は、様々なレジシステムを販売しています。各業界の特徴に合ったシステムを開発しているため、ミスも少なくでき、効率的な会計ができるシステムを導入することができます。

総合評価 掲載情報量
★★★★ ★★★
満足度 使いやすさ
★★★★ ★★★★★
サービス内容
★★★

PiPiRE

公式サイトはコチラ

PiPiREでおすすめできるシステムがあります。持っているパソコンを今すぐPOSレジに変身させることのできるソフトウェアです。Windowsのパソコンでエクセルが入っていれば、他に何も用意せずに始められます。

これから商売を始める方、まだレジを導入していない方、レジはあるけど、機能が少ないものを使っている方、フリーマーケットなどのイベントの売上を管理したい方のための身近なExcelで動く便利なレジソフトです。

また、PiPiREのPOSレジで無償版および機能制限解除版どちらのバージョンでも、メールサポートを提供しています。購入した周辺機器プリンタ、バーコードスキャナ等の接続設定などにもサポートをしています。

総合評価 掲載情報量
★★★ ★★★
満足度 使いやすさ
★★★★ ★★★★★
サービス内容
★★★

AirREGI

公式サイトはコチラ

AirREGIがポスレジシステムが話題です。タブレット端末やパソコンにインストールするだけで、すぐにその端末が高性能のレジ、データ集計システムに変わります。多くの小売店におすすめできるサービスで、雑貨屋やアパレルショップ、飲食店などで広く利用されています。

単純にお金を集計してくれるレジではなく、お買い上げやご利用のたびにその顧客データ、ご利用データが蓄積し、自動的に統計をとって貴重なデータを作り出します。アプリですので、複数の端末や遠方の端末へのアクセスも容易にできます。

利用すればするほど、今後の経営に生かした有益性の高いデータをとることができるということです。現代では多くのポスシステムのアプリ提供企業がありますが、AirREGIのものは取り扱い店舗数は第一位を獲得しています。

総合評価 掲載情報量
★★★★ ★★★
満足度 使いやすさ
★★★★ ★★★★
サービス内容
★★★★

CASIO

公式サイトはコチラ

CASIOのおすすめ製品と言えば、やはり腕時計になりますが、電子レジスターも注目されているそうです。いわゆる、店舗に設置されているレジになります。上質で洗練されたデザインのV-REGI、複数の店舗をまとめたい、売上を細かく管理・分析したい企業には、ネットレジがあります。これには、あらゆる店舗に対応するスタンダードレジスターと、ストロークの他にタッチキー仕様になっている飲食店向けのレジスターがあります。

そして、使い勝手もデザインにもこだわりたいお店には、レジスターシリーズが用意されています。ではどこで購入するのでしょうか。CASIOならではの、全国にあるパートーナーシップを結んでいる販売店で購入することが可能です。もちろん、ロールペーパーなどの消耗品も扱っているそうです。

もう一つ特徴としましては、CASIO HANJO TOWNと銘打った、会計や経営分析のデータサービスを展開されていることです。これからの時代におけるお店の存在は、より戦略的な意志を、常に持っていなくてはならない時代になることでしょう。そのためには、力強いパートナーになるのではないでしょうか。製品もサービスも、お店にとって、すべてが力強いものになりそうです。

総合評価 掲載情報量
★★★ ★★★★
満足度 使いやすさ
★★★★ ★★★
サービス内容
★★★

売上管理にはPOSレジシステム導入が欠かせません

個人で飲食業や小売業を営んでいるオーナーさんにおいては、日々のお客様の来店数の把握や商品の売れ行きなどの経営状況の管理に頭を悩ませているのではないでしょうか。
健全な経営を継続していくためには漠然とした把握ではなくて、数値で把握することが必要になってきます。
ですがお客様をカウントしたり、売れた商品をその都度、把握していくのは現実的には不可能になってきます。それを手助けしてくれるツールとなるのがPOSレジシステムになります。このシステムを導入することで経営に欠かせない客数や売り上げ点数などを記録していくことが可能になってきます。
それによりお店の問題点や改善点をしっかりと把握することが出来ますので、これからの経営に大きな参考になりますし、成長していくには絶対に欠かせないシステムになってくることでしょう。


POSレジを導入するのなら補助金の申請を

消費税の増税によって軽減税率が導入されてることから、POSレジを購入するために補助金の申請が始まってます。販売店で使用されてる一般的なレジスターと言われる単純に売り上げ集計機能のみのものを使っているお店、特に飲食店を経営されてる所での導入をお勧め出来ます。
消費税軽減税率制度への対応が、必要となる中小企業や小規模事業者の方が、複数税率対応のPOSレジの導入や、受発注システムの改修などを行う際にかかる経費の一部を補助する制度となってます。
POSレジは数値の管理が出来、会計ソフトとの相性が良いものもありますので、一日の売上管理や経理の効率化に適しています。補助金の申請は事後申請となりますが、レジの型番指定がされていますので、レジを導入される時には、対象製品か必ず確認する必要があるので注意することです。


POSレジを正しく選ぶポイント

大型店舗は取り扱う商品の数が多く効率良く管理すると売上を伸ばすきっかけになり、POSレジを使って様々な情報を分析すると効果があります。
店舗は売上で得た利益から人件費などの経費を差し引いて利益として計上され、増やすためには必要な人員をなるべく少なくすることが大事です。最適な機種を探す時はメリットやデメリットを確かめ、内容を比較して企業の予算や目的に合わせて決める必要があります。
POSレジはただ単に会計操作をすることだけでなく、商品や従業員の勤怠に関する情報を分析することができ様々な方法で使えることが魅力です。初めて利用する時は比較サイトやランキングを確かめ、導入する企業の情報や使い方のコツをつかむと選ぶきっかけになります。
POSレジを正しく選ぶポイントは機種によって様々な機能があり、内容を比較して企業の経費削減につながるように決めると効果が高いです。

カテゴリー