会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

     

Home > POSレジとは > POSレジなら売上管理が簡単になります

POSレジなら売上管理が簡単になります

 POSレジとは、飲食店や小売店でいつ何がどのくらい売れたかといったデータを管理できるシステムのことです。注文が入った際やレジを通した際にデータとして蓄積されるので、手動で集計する必要がなく手間やミスをカットすることができます。またこのデータを活用することで新商品の開発や店内の商品配置、セールや集客の計画が立てやすくなり、より経営を便利にすることができます。
POSレジを使うための端末はタブレットやスマートフォンなど使いなれたものが使用可能なため、タッチパネルで直感的に操作でき導入が簡単です。また周辺機器も豊富にそろっており、レジスターがなくてもレシート印刷や現金の管理、カード払いにも対応できます。POSレジは初期コストが低いためこれから店舗を持つというケースも今までレジスターと手作業で売り上げや在庫を管理していた場合もすぐに使い始めることができるのが大きなメリットです。


POSレジには様々なメリットがあります

 POSレジのPOSとは、「Point Of Sale」の略称であり、簡単に言うと販売時点という意味になります。その他にも、POレジやPOSシステムをまとめてPOSと呼ぶこともあります。このように様々な意味がありますが、POSレジというのは売上が発生した時に、品名、商品部門、価格などを瞬時に画面に表示してシートに印刷してくれるシステムです。またそれと同時にレジ本体にも様々な商品情報を記録してくれますので、商品の管理がしやすくなります。POSレジは、レジ本体に記録されたデータを分析して、売れ筋商品やデッド商品などを見つけ出してくれるのが特徴です。そのため売れ筋商品を補充し、不良在庫商品を値下げなどで処分できます。その他にも、在庫回転数を上げることも可能です。さらに商品を購入した客層も把握できますので、今後のサービス向上や売上向上にも役立ちます。


POSレジでスムーズなレジ会計を実現

 レジでの会計は顧客の満足度を最終的に左右します。スムーズに会計を済ますことができれば顧客に満足してもらうことができますが、レジが混雑していたりミスがあると満足度が著しく下がってしまいます。POSレジを導入することにより、レジ会計をスムーズに行うことが可能です。従業員の教育に時間をかけ経験を積ませるよりも、POSレジを導入することでコストをかけずに同様の効果を上げることができます。ランニングコストと即時対応できることを考えれば、導入するメリットは大きいのではないでしょうか。レジの混雑を解消できるだけでなく、ミスの発生を削減する効果もあるため、釣り銭間違いなどで顧客に迷惑をかけることもありません。POSレジとともに釣り銭機を導入すれば、違算などによる会計ミスをなくすことも可能です。これにより従業員の負担を軽くすることもできます。

次の記事へ

   

カテゴリー