会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

     

Home > POSレジとは > POSレジによる在庫管理の必要性

POSレジによる在庫管理の必要性

コンビニにお弁当を買いに行ったとき、もしお弁当が無かったらどうするかです。
他のお店に行くでしょう。
そのお店は販売する機会を失います。
お店では在庫管理が非常に重要といわれています。
在庫管理を甘くしていると、損失をどんどん膨らませる可能性があります。
POSレジを利用することで在庫管理が可能になるとされています。
現在のお店にある商品の在庫を登録しておけば、販売した時にどんどん在庫が減っていきます。
わざわざ商品のあるところに見に行かなくても今どれくらいあるかがわかります。
過去の売れ行き情報から発注点が分かっていれば、在庫がどれくらいになったときに発注すればよいかがわかります。
これによって、売り切れそうなときにちょうど補充がされます。
お客さんが買いに来た時に商品がないことを防ぐことができ、機会損失を減らせます。
売れ残りも減らせます。



POSレジで販促などを行うことができる

お店によってはポイントカードをを用意しているところがあります。
売り上げに応じてポイントが付けられ、将来的にそのポイントで商品が買えたりします。
お客さんへのサービスだけでなく、お店にもメリットがあります。
お客さん毎の販売情報を管理できるからです。
POSレジとポイントシステムをうまく融合させることで、販促をすることができます。
ポイントカードの情報によって、その人の過去の販売記録などがわかります。
するとどんな商品を良く買っているかがわかります。
その人向けの新商品などがあれば、販売時に提案できます。
お客さんによっては、毎日一定の利用をしてくれる人もいれば、あまり頻度の多くない人もいます。
多く利用してくれる人にもっと利用してもらうクーポンを出したり、頻度が少ない人にクーポンを出したりなどその時に応じた販促活動ができます。
その効果も調べることができます。



POSレジはなぜミスを防ぐことができるか

人が行う作業には、少なからずミスがあると言えるでしょう。
パソコンなどでキータッチミス、変換ミスが出ることがありますが、重要な書類でも生じることがあります。
できるだけなくす方が良いですが、人が入力する限りにはなかなかなくならないかもしれません。
店舗の業務の中では精算業務があります。
お客さんが支払いをするとき、必要な代金やお釣りなどを計算してやり取りをします。
この時、数字のデータなどを作業員が直接入力することがあります。
数字を入力し間違えることはあるでしょう。
POSレジの場合、ミスを防ぐことができるとされています。
バーコードで商品を読み取る場合、人の作業はバーコードを読み取ることで数字の入力ではありません。
そのためにミスが減ります。
タップする場合は商品のタップになります。
こちらも数字の入力を伴わないので、ミスが出にくくなります。

次の記事へ

   

カテゴリー