会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

     

Home > POSレジとは > POSレジの能力はどんどん拡大しています

POSレジの能力はどんどん拡大しています

日々、機械化、IT化の波が押し寄せてくる中、小売などに関してもどんどん機械を活用して効率的に行うことが増えています。
また、支払い手段も方法は多様化してきており、クレジットカードはもちろん、電子マネー、チャージ方ICカードなども当たり前のように使うようにな次代になっています。
その上で取り扱い商品は増えていきますし顧客管理は徹底して管理されることが要求されています。
そのため、通常のレジスターでは会計能力が足りない、ということが増えています。
POSレジも拡張性が高くなっており、どんなことができるのか、というのが選ぶ時の大きなポイントになることでしょう。
通信回線によって統計データを集めやすくしたり、支払いができる機能も増やせるようなPOSレジがどんどん求められているわけです。
費用的にも負担は大きくなっていますが手間もかなり削減できるようになっています。



POSレジを導入したいほうがよい理由

レジスターを選ぶときには、まずPOSを見ることになるでしょう。
これはレジスターの一種になります。
POSはPoints of salesの略であり、商品が売れたできた時点、という意味になります。
つまりは、集計を後ですることなく、その商品が売れたときに集計、管理をすることができるレジスターということになります。
売上管理において非常に優秀なレジであるといえます。
POSレジシステムは販売実績をすぐに把握できます。
そのデータの収集もデジタルデータで極めてリアルタイムに近い形で得ることができます。
これを在庫管理やマーケティングに使うことができるのがなんといっても大きな強みであるといえるでしょう。
こうしたデータによって、商品開発や集客マーケティングも非常に容易にまた効率的にできるようになったわけです。
これこそが導入する価値であり、理由になります。



タブレットにもPOSレジの機能がつけられます

お店の会計に必要なレジも技術が進歩し、ここ数年ではPOSレジというタイプが登場しました。
会計が自動で行われるので人為ミスもなく効率的に行えます。
また、顧客情報や売り上げが管理されるのでお店の売り上げにもつながってきます。
POSレジはレジと一体化しているタイプも登場し、値段が高いと100万円クラスになってきます。
初期費用が高いですが、長期的に便利な恩恵が受けられるのは大きいです。
費用を抑えて導入したいならタブレットタイプがおすすめです。
市販のタブレットPCにアプリをインストールするだけでPOSレジの役割を果たしてくれます。
タブレット台と月額のアプリ代で済むので初期コストが大幅に抑えられます。
会社の規模やサービスに合わせてオプションも選べます。
データは逐一パソコンでチェックできるのでニーズの把握が瞬時にできて便利です。

次の記事へ

   

カテゴリー