会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

     

Home > POSレジとは > POSレジは情報管理に最適な器機

POSレジは情報管理に最適な器機

百貨店から商店など、現金を扱い商売をしているところには、必ずと言って良いほど、レジスターがあります。
そんなレジスターが年々進歩して来て、今ではPOSレジと呼ばれる時代になって来ました。
このレジの良さは、販売しや商品や行ったサービスに対しての金額を計算し、記録をするで不正を防ぐことまで行う機械と言うことです。
パソコンが主流だった時代から、今ではクラウドを連携したタブレット型へと変わって来ています。
日々、内容において進歩していると言って良いのでしょう。
POSとは、販売時点情報管理と訳されることから、金銭の授受が終わった時点で、お店への情報が入ることになり、管理システムへと連携するものとなります。
いつ、何個、どこで売れた、金額はいくら、誰が担当などの情報が一度に入ることになり、お店が欲しい情報を設定することで、詳細なデータを作成出来る便利な器機でもあります。



POSレジ活用で売り上げアップを図りましょう

日本経済はバブル景気が崩壊して以降、長い期間に渡って低迷している状況に陥ってきています。
この流れは簡単には替えることは出来ませんし、景気回復のカギを握っているとも言われている個人消費もすぐには回復してこないことでしょう。
そのために毎日の営業に頭を悩ませている個人オーナーさんもおおいことでしょう。
とくに物販のお店などを手掛けているなら、毎日の販売動向や顧客のし好の把握は非常に重要です。
日々、状況を把握していくことで、有効な対策などを打つことが出来るからです。
ですが毎日帳簿を手作業でつけたり、在庫を確認していくことは困難なことでしょう。
そこで導入したいのがPOSレジシステムになります。
POSレジシステムなら毎日の販売動向などをつぐに把握することができます。
現状をしっかり正確に把握することで、より効果的な対策をとることが出来るようになることでしょう。



目的にあった使い易いPOSレジとは

POSレジが世の中に登場して40年以上、今や大手チェーン店が使うレジから、家族経営の商店でも気軽に使えるレジへと、価格も機能も変貌しました。
しかし、今までレジを記録ができて、領収書も出る電卓我がわりに使っていたような店が、POSレジを入れて見ようと思った時、どう選べば良いのか、とても悩むはずです。
そこで一番大切な事は、導入の目的です。
POSの一番の機能は、販売した商品のデータを集める事です。
これを一定期間蓄積する事で販売データを分析し、販売計画に役立てる訳です。
データはバーコードをスキャナーで読み取り、バーコードに対応した商品マスターにある登録情報がデータとして蓄積される訳です。
ですから、当たり前ですが登録情報の内容が、様々な属性で構成されていれば、データも様々な角度から収集できる事になります。
ところが極端に言えば、商品の名称と売価だけしか登録されて居なくとも、お客様の方は困りませんので、登録情報の内容をどのくらいの量にするかは店次第てす。
店によっては、ただ値札を付けすにプライスガードやポップだけにする省力化や、価格の打ち間違いない防止というところもあります。
その店の扱っているアイテム数が多ければ、マスター登録に要する手間は大変です。
情報量が多ければそれだけ時間がかかります。
まずは、店の目的をはっきりさせて、次にマスター登録や変更がしやすいレジ、データの取りだしがしやすいか、必要な分析ツールがついているかなど、自分の店にあったPOSレジを選ぶことが大切です。

次の記事へ

   

カテゴリー