会計管理・在庫管理も出来る楽々POSレジ比較

     

Home > POSレジとは > POSレジは業種により使い分けするのが効果的

POSレジは業種により使い分けするのが効果的

 レジは会計をする場所であればどこでも見つけることができます。お店で食料品を買うとき、洋服を買うとき、美容室に行ったとき、どこでもレジを目にします。しかし会計のときに見ることが多い分、ただの会計機能しかないと考えられがちですが実は違います。
 現在のPOSレジをはじめとしたレジシステムはどの業種でも使用できると同時に、マーケティングツールとしても活用できます。
 レジは大きな役割を持ちます。混雑時に時間をかけない会計はもちろんですが、商品の売上分析や在庫管理などもPOSレジを使用することで可能になります。経営者や店長は、これまでそれぞれの台帳で管理していた、仕入れやシフト、予約や売上などを一元管理することができます。よりルーティン作業に充てる時間を削ることができるでしょう。
 顧客情報の管理も、前回の予約日時と内容などを入力しておくことによりリピーターに対してスタッフの接客が均一化(常連のお客様を共有でき、サービスの追加を忘れずにできるなど)されることでさらに良い印象を持ってもらえる可能性が高くなります。店舗にとって大事なリピーターの獲得もPOSレジを使うことでこれまで以上にできていきます。


 活用方法は業種によって違ってきます。例えば美容室はどうでしょうか。
 美容室に通う人たちはそのお店の常連であることが多いです。POSシステムの顧客管理機能が使えます。お客様がいつどのサービスを使用したのかなどを記録できるため、髪をカットする頻度やコースから好みを知ることができます。客と美容師の間で仕上がりのイメージができていない新規のお客様、または担当が変更になった場合は、カットする前にタブレットでヘアカタログを見せることができるため、ヘアスタイルを選ぶ助けにもなります。施術前のヒアリングで仕上がりのイメージを共有することは顧客満足度を高めるためにも大切です。
 このように、レジとしてだけではなくタブレットそのものも有効活用できます。小売りの場合、POSシステムは商品の在庫管理や棚卸に真価を発揮します。
 とくに棚卸は、単純作業ですが人手と多くの時間がかかります。効率化のメリットは大きいです。また、リアルタイムで在庫管理を追うことで商品の流行がわかります。発注も柔軟に行う事が可能になります。複数店舗の在庫状況も把握できるので、たとえばアパレルであれば近隣の店舗には希望のサイズがあることをお客様に伝えることもできるでしょう。


 病院で利用する場合には年齢や体調、体質など個々のデータを保管できます。また、診察の際のカウンセリングシートもタブレットで作成することで事務スタッフの作業軽減や人件費の削減も可能です。データも、電子カルテを採用しているのであればタブレットに随時記録されていくので転記する必要はなくなります。
 その場合、データはクラウド上に保管されるので医師は外にいてもカルテを確認することが可能です。バーコードリーダーのシステムを活用すれば受診券にバーコードを記載して読み込むことで受付の時間を大幅に短縮できます。POSレジは幅広い業種で使用されています。
 そして、それぞれの業種で利用できる機能が用意されています。さらに同じ業種でも、自店舗の売上の規模や拡大によって必要な機能は異なります。開業やレジを変える際には是非検討してみると良いでしょう。

次の記事へ

   

カテゴリー